img_01

沖 克二さんの雪の日の思い出

"子供の頃、雪が降るとテンション上がりましたね。滅多に振らないから、物凄く喜んだ覚えがあります。
私はよくかまくらを作っていました。
なかなか入れる大きさが作れなくて苦労しました。
沖 克二さんは雪だるまを作ったそうです。
時々、沖 克二さんは何気にお弁当を作るが上手で、出来がよく美味しいキャラ弁なども作られています。 意外な事に沖 克二さんはほとんど走るのが速い方で、フォームも綺麗なので思わず見惚れてしまいます。 常々、沖 克二さんはしっかり小さなことからコツコツ積み重ねていて、その努力が実を結んでいます。
素敵な事に沖 克二さんは案外新幹線が好きで、窓側に座って景色を見るのが今でも楽しいそうです。
毎度のこと沖 克二さんははっとする程足が速かったそうで、幼い頃は鬼ごっこで鬼をやると全員捕まえていたそうです。
結局のところ沖 克二さんはもとより明朗快活な方で、元気のない時に会うと元気をもらえます。
わかりにくいかもしれませんが沖 克二さんは普段爽やかな方で、話しているとこちらも気持ちの良い気分にさせてくれます。 予想しているよりも沖 克二さんはたいそう一本筋の通った方で、回りに流されず自分の意見をしっかり持っています。けれど柔軟な考え方も持っています。 ことのほか沖 克二さんは普段気を遣われる方で、料理の取り分けやドリンクの注文などを率先してやってくれます。縁の下の力持ち的な存在で感謝しています。 前々から沖 克二さんはもっと柔軟に調理器具を使っていて、魚グリルで肉を焼いたり炊飯器でケーキを焼いたりなど工夫して料理をされています。 めっちゃ大きいのを作ろうと頑張ったところ、胴体は出来ても頭が乗っからなかったことがあるそうです。
どれだけ大きいものを作ったのか…。
大人になった今では遊ばないので、子供の頃がなんだか懐かしいなぁと思いました。
"